電子レンジ調理器おすすめ10選詳しくはこちら

レンジメートプロとムテキレンジの違いを10項目で比較!どっちがいい?

この記事には広告を含む場合があります。

この記事では、レンジメートプロとムテキレンジの違いについて解説します。

レンジメートプロとムテキレンジはどっちがいいかを、10項目で徹底比較しました。

先に結論からお伝えしておくと「価格の安さを重視するならムテキレンジ」「レシピ数など使いやすさ重視ならレンジメートプロ」がおすすめです!

どっちの電子レンジ調理器にしようかと悩んでいる場合には、この記事を参考にしてみて下さいね。

目次

まず結論!使いやすさ重視ならレンジメートプロ!価格重視ならムテキレンジを選ぼう!

レンジメートプロ
優れている点
ムテキレンジ
優れている点
  • 使いやすいサイズ
  • レシピの数が豊富
  • 選べる色の種類が多い
  • 特許取得の過熱技術
  • 価格が安い
  • 本体の重量が軽い

レンジメートプロとムテキレンジはどっちがいいのかを10項目で徹底比較して表にまとめました。

上記の表を見て分かる通り、レンジメートプロの方がムテキレンジよりも優れている部分が多かったです。

ムテキレンジは価格が安いのですが、売り切れていて買えないことも多いのがデメリットになります。

価格ではなく、サイズやレシピ数の多さなど使いやすさを重視する方はレンジメートプロが適しています。

毎日使える便利なアイテムですが、日頃の献立に困りたくないなど長く使うのなら、レンジメートプロを選ぶと良いでしょう。

¥9,900 (2024/04/23 09:40時点 | 楽天市場調べ)
テレ朝通販ロッピング 楽天市場店
¥7,980 (2024/04/20 07:21時点 | 楽天市場調べ)

レンジメートプロとムテキレンジを10項目で徹底比較!

比較項目おすすめの商品
1.価格ムテキレンジ
2.形やプレートの種類選ぶ目的で違う
3.サイズレンジメートプロ
4.本体の重さムテキレンジ
5.レシピ数レンジメートプロ
6.選べる色の種類レンジメートプロ
7.蓋の形状どっちも自立しない
8.食洗機の使用どっちも使えない
9.調理方法どっちも電子レンジのみ
10.材質レンジメートプロ
※各項目をタップすると詳細に飛びます

レンジメートプロとムテキレンジを10個の項目で比較して表にまとめました。

項目毎におすすめ商品を記載しているので、あなたに合っている電子レンジ調理器を選んでみて下さいね。

ここからは、レンジメートプロとムテキレンジの違いを項目別にそれぞれ紹介していきます。

比較①:価格ならレンジメートプロよりムテキレンジが安い!

スクロールできます
商品名レンジメートプロムテキレンジ
価格9,900円~10,120円7,980円
送料無料無料
総額9,900円~10,120円7,980円
※料金・送料は税込み表記です

価格で選ぶならレンジメートプロよりもムテキレンジが安いです。

上記の表に記載した通り、レンジメートプロが9,900円~10,120円(税込)になっています。

それに対して、ムテキレンジは7,980円(税込)になるので、約2,000円程お得に購入することができますよ!

ただし、ムテキレンジは売り切れの期間も長く買えないことも多々あるのがデメリットです。

もし少しでも価格の安さを重視している場合は、ムテキレンジを調べてみると良いでしょう。

テレ朝通販ロッピング 楽天市場店
¥7,980 (2024/04/20 07:21時点 | 楽天市場調べ)

比較②:形やプレートの種類は選ぶ目的で違う!

商品名レンジメートプロムテキレンジ
丸型スクエア型
プレートの種類波型波型

レンジメートプロとムテキレンジのプレートは同じ型の種類ですが、形に違いがあるので目的に合わせて選びましょう。

レンジメートプロの形は丸型でプレートの種類が波型のみになっています。

それに対し、ムテキレンジの形は丸型ではなくスクエア型になっており、プレートの種類は同じ波型です。

なので、形は丸型が良いのか、スクエア型が良いのかが判断基準の1つになりますね。

ただし、後で詳しくは紹介しますがムテキレンジはサイズが小さい作りなので、スクエア型でもコンパクトなことには注意しましょう。

比較③:サイズならムテキレンジよりレンジメートプロ!

商品名レンジメートプロムテキレンジ
25.8cm
※持ち手含む
26cm
奥行20.8cm14cm
高さ6.6cm5.5cm
容量約530ml記述なし

サイズならムテキレジよりもレンジメートプロの方が使いやすいです。

レンジメートプロのサイズは幅25.8cm×奥行20.8cm×高さ6.6cmになっています。

それに対してムテキレンジのサイズは幅26cm×奥行14cm×高さ5.5cmになるので、レンジメートプロより横幅は実際に大きめです。

ただ、ムテキレンジは奥行きがその分短いので、全体的にコンパクトな印象を受けている方も多かったんですね。

また、容量に関してはレンジメートプロは約530mlですが、ムテキレンジには記述がありませんでした。

ムテキレンジは横に長い魚などは焼きやすいかもしれませんが、他の調理なども考えるとレンジメートプロの方が使いやすいはずですよ!

比較④:本体の重さはレンジメートプロよりムテキレンジが軽い!

商品名レンジメートプロムテキレンジ
本体の重量約809g約620g

本体の重さはレンジメートプロよりもムテキレンジが軽いです。

レンジメートプロは約809gなのに対してムテキレンジは約620gなので、重量は189gの違いがあります。

実際に手で持つのは用意するときや電子レンジの調理後くらいなので、そこまで気にすることもないかもしれません。

とはいえ、力の弱い高齢者の方だと少しでも軽い方が使いやすいという場合もありますよね。

なので、本体の重さが軽い方が良いという方はムテキレンジを選びましょう。

比較⑤:レシピ数ならムテキレンジよりレンジメートプロが豊富!

商品名レンジメートプロムテキレンジ
レシピ本ありあり
掲載レシピ数44品掲載33品掲載
その他のレシピ公式SNSで多数なし

レシピの数ならムテキレンジよりレンジメートプロが豊富なのでおすすめです。

ムテキレンジにもレシピ本が付いており、レシピは33品掲載されています。

ただ、レンジメートプロにはレシピ本の44品掲載以外にも、公式インスタやLINEにて随時新しいレシピが追加されるんですね。

過去分のレシピも見られるのですが、かなり多くの種類がありますので、レンジメートプロの大きな魅力と言えます。

料理は毎日するものなので、献立にも困らず飽きない方が良い場合はレンジメートプロを選びましょう!

¥9,900 (2024/04/23 09:40時点 | 楽天市場調べ)

比較⑥:選べる色の種類ならムテキレンジよりレンジメートプロが多い!

商品名レンジメートプロムテキレンジ
色の種類レッド
ブラック
イエロー(限定)
オレンジ(限定)
レッド

選べる色の種類でムテキレンジよりもレンジメートプロの方が多いです。

ムテキレンジはレッドの1種類のみですが、レンジメートプロはレッド以外もブラック・イエロー・オレンジも選べます。

レッドが欲しい場合はどちらを選んでも良いですが、他の色の方がキッチンに合うという場合はレンジメートプロがおすすめです。

レンジメートプロのイエローとオレンジは公式サイトの限定カラーになっているので、気になる場合は確認してみて下さいね。

比較⑦:蓋の形状はレンジメートプロとムテキレンジで差なし!

商品名レンジメートプロムテキレンジ
蓋の形状自立しない自立しない

蓋の形状はレンジメートプロとムテキレンジ共に自立しないタイプなので差がありません。

レンジメートプロは蓋の真ん中に丸い持ち手が付いており、ムテキレンジは左右の部分が持ち手になっています。

ただ、自立するタイプではないので、取り外した際には置き場所を少し取るかもしれません。

取っ手部分が自立するタイプが欲しい場合にはおすすめできませんので、他の種類の商品を選ぶ方が良いでしょう。

比較⑧:食洗機の使用はレンジメートプロとムテキレンジで差なし!

商品名レンジメートプロムテキレンジ
食洗機不可不可
食器乾燥機不可不可

食洗機の使用はレンジメートプロとムテキレンジの両方とも使えないので差がありません。

ただ、片付けは食器のように洗えたり、調理をしてもこびりつきにくいという特徴は同じになっています。

キッチン用の洗剤を使い柔らかいスポンジなどでサッと洗うだけなので、そこまで手間ではないはずです。

どうしても食洗機を使いたい場合は、対応している電子レンジ調理器の種類は少ないですが、他の商品を選びましょう。

特に問題なければ、レンジメートプロとムテキレンジのどちらを選んでも問題ありません。

比較⑨:調理方法はレンジメートプロとムテキレンジで差なし!

商品名レンジメートプロムテキレンジ
電子レンジ可能可能
直火不可不可
IH調理器不可不可
オーブン不可不可

調理方法はレンジメートプロとムテキレンジ共に対応しているのが電子レンジのみで差はありません。

どちらの電子レンジ調理器も直火やオーブンなどを使った調理はできないので注意して下さい!

ただ、レンジメートプロとムテキレンジは電子レンジだけでも焼き目を付けつつ、ふっくらジューシーに調理できる魅力があります。

焼き物だけではなく、炒め物や煮物、温め直しなどマルチに使えるので、どちらも便利に使えるアイテムなのは間違いないでしょう。

どうしても直火など他の調理方法でも使いたいなら、別の対応している商品を選びましょう。

比較⑩:材質ならムテキレンジよりレンジメートプロ!

スクロールできます
商品名レンジメートプロムテキレンジ
材質アルミメッキ鋼板
SPS
セラミック
アルミナ繊維
シリコン
アルミメッキ鋼材
シリコーンゴム
コーティングフッ素フッ素

材質ならムテキレンジよりもレンジメートプロがおすすめです!

ムテキレンジはアルミメッキ鋼材とシリコーンゴムが使われており、類似品に使われている素材の多くと同じになります。

レンジメートプロはアルミメッキ鋼板とシリコン以外にもSPS・セラミック・アルミナ繊維が使われており、過熱技術も特許を取得しています。

電子レンジで焼き目を付ける、ふっくらジューシーに焼けるということは共通していますが、よりこだわって作られているのはレンジメートプロと言えるでしょう。

コーティングはレンジメートプロとムテキレンジ共にフッ素コーティングなので、調理後もサッとお手入れするだけで便利に使えますよ。

美味しく調理するために素材にもこだわっている方が良いなら、レンジメートプロを選びましょう!

レンジメートプロがおすすめの方はこんな人!

レンジメートプロがおすすめの人
  • 1~2人用として使いたい人
  • スクエア型よりも丸形が欲しい人
  • サイズは小さすぎない方が良い人
  • 豊富にレシピがある方が使いやすい人
  • 本体はレッド以外の色が欲しい人

このような場合はレンジメートプロがおすすめです。

レンジメートプロはムテキレンジと比べて使いやすいサイズ感になっています。

また、レシピ本以外にも公式のSNSにてレシピが常に新しく追加されていくので、献立に困ることもありません!

いつも違った料理を楽しむことも出来るので、飽きずに使える便利なアイテムになるはずです。

本体の色はレッド以外にもありますが、イエローとオレンジは公式サイト限定色になります。

レンジメートプロが欲しい場合は、下記より公式サイトから詳細を確認してみて下さいね。

¥9,900 (2024/04/23 09:40時点 | 楽天市場調べ)

ムテキレンジがおすすめの方はこんな人!

ムテキレンジがおすすめの人
  • 1人暮らしで料理を時短したい人
  • 少しでも安い価格で購入したい人
  • コンパクトなサイズの方が良い人
  • 丸型よりもスクエア型が欲しい人
  • 軽い方が使いやすい女性や高齢者の人

このような場合はムテキレンジがおすすめです。

レンジメートプロと比べて価格も安いので、少しでも購入費用を抑えたい方にはピッタリでしょう!

また、スクエア型ですがサイズはコンパクトになっているので、一人用として便利になっています。

本体も軽いので力の弱い女性の方や高齢者の方でも手軽に使いやすいはずですよ。

ムテキレンジは売り切れで買えないことも現在は多いので、気になる場合は一度確認してみて下さいね。

テレ朝通販ロッピング 楽天市場店
¥7,980 (2024/04/20 07:21時点 | 楽天市場調べ)

レンジメートプロとムテキレンジの違いについてまとめ!

この記事のまとめ
  • 価格が安いのはムテキレンジ
  • 使いやすいサイズはレンジメートプロ
  • 本体が軽いのはムテキレンジ
  • 選べる色が多いのはレンジメートプロ
  • レシピ数が多いのはレンジメートプロ

この記事では以上のような内容をお伝えしました。

レンジメートプロとムテキレンジ共に評判も良い電子レンジ調理器ではありますが、長く使うことを考えると使いやすさ重視のレンジメートプロが良いです。

スクエア型と丸型については好みもあると思いますので、あなたに適していると思う方を選んでみて下さいね!

レンジメートプロやムテキレンジの口コミや評判については、別の記事で詳しく紹介しています。

まだ悩んでいる場合はそちらも確認してみて下さいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次