電子レンジ調理器おすすめ10選詳しくはこちら

レンジメートプロとエブリの違いは?10項目で徹底比較した結果を紹介!

この記事には広告を含む場合があります。

この記事では、レンジメートプロとレンジメートエブリの違いについて解説します。

レンジメートプロとレンジメートエブリはどっちがいいかを、10項目で徹底比較しました。

先に結論からお伝えしておくと「本体の軽さやレシピの豊富さなどを重視するならレンジメートプロ」「サイズの大きさ重視ならエブリ」がおすすめです!

どっちの電子レンジ調理器にしようかと悩んでいる場合には、この記事を参考にしてみて下さいね。

目次

まず結論!価格やレシピ数ならレンジメートプロ!サイズならエブリを選ぼう!

レンジメートプロ
優れている点
レンジメートエブリ
優れている点
  • 価格が安い
  • 本体の重量が軽い
  • レシピ数が豊富
  • 選べる色が多い
  • サイズが大きめ
  • 蓋が自立して便利

レンジメートプロとエブリはどっちがいいのかを10項目で徹底比較して表にまとめました。

上記の表の通り、レンジメートプロの方が優れている点が多かったです!

レンジメートエブリはレンジメートプロのジャパネットモデルとして作られているので、サイズが大きいことや蓋が自立することに違いがあります。

それに対して、レンジメートプロは価格が少し安く、選べる色の種類も多いです。

またレシピもかなり豊富に用意されており、新しいレシピもどんどん追加されるので購入後にも活用しやすいという最大のメリットがあるんですね。

どちらも魅力的な電子レンジ調理器になっているので、あなたの目的に合っていると思う方を選んでみて下さいね!

\ 公式限定20%OFFクーポンあり /

レンジメートプロとレンジメートエブリを10項目で徹底比較!

比較項目おすすめの商品
1.価格レンジメートプロ
2.形やプレートの種類差なし
3.サイズレンジメートエブリ
4.本体の重さレンジメートプロ
5.レシピ数レンジメートプロ
6.選べる色の種類レンジメートプロ
7.蓋の形状レンジメートエブリ
8.食洗機の使用差なし
9.調理方法差なし
10.材質差なし
※各項目をタップすると詳細に飛びます

レンジメートプロとレンジメートエブリを10項目で徹底比較して表にまとめました。

各項目毎におすすめする商品を記載していますので、あなたの目的に合っていると思う電子レンジ調理器を選ぶ参考にしてみて下さい。

各項目別にレンジメートプロとエブリの違いを、それぞれ1つずつ解説していきますね!

比較①:価格ならエブリよりレンジメートプロが安い!

商品名レンジメートプロレンジメートエブリ
価格9,900円~10,120円9,980円
送料無料770円
総額9,900円~10,120円10,750円
※料金・送料は税込み表記です

価格ならレンジメートエブリよりもレンジメートプロが安いのでおすすめです。

レンジメートプロは単品価格が9,900円~10,120円(税込)となっています。

それに対して、レンジメートエブリは単品価格が10,750円(税込)なので、レンジメートプロよりも約600円ほど高いですね。

ただ、レンジメートエブリはジャパネットモデルになっていますので、他の家電とセット購入でお得に買えるというメリットはありますよ。

なので、単品で少しでも安く欲しい場合はレンジメートプロがおすすめですが、他の家電とセットで買うならレンジメートエブリもお得と言えます。

価格重視で選ぶ際には、今の状況に合わせて選んでみると良いでしょう!

¥9,900 (2024/04/23 09:40時点 | 楽天市場調べ)

比較②:形やプレートの種類はレンジメートプロとエブリで差なし!

商品名レンジメートプロレンジメートエブリ
丸型丸型
プレートの種類波型波型

形やプレートの種類はレンジメートプロとレンジメートエブリで差がありません。

どちらも形は丸型で、プレートは波型となります!

レンジメートエブリはレンジメートプロのジャパネットモデルなので、デザインなど共通している部分も多いです。

もし、スクエア型のレンジメートが欲しいなら「レンジメートプログランデ」を選びましょう。

丸型の方が良い場合は、どちらを選んでも差がないので問題ありません!

比較③:サイズならレンジメートプロよりエブリが大きい!

商品名レンジメートプロレンジメートエブリ
25.8cm
※持ち手含む
26.9cm
※持ち手含む
奥行20.8cm23.0cm
高さ6.6cm6.9cm

サイズで選ぶなら、レンジメートプロよりレンジメートエブリの方が大きいです。

レンジメートプロは幅25.8cm×奥行20.8cm×高さ6.6cmになっています。

それに対して、レンジメートエブリは幅26.9cm×奥行23cm×高さ6.9cmなので、レンジメートプロよりひと回り大きいですね。

実際に手に取って見ると、思っているよりも結構サイズ感は大きいなという印象も受けました。

前述した通り、デザイン面では変わりませんでしたが、サイズの大きさを重視する場合にはレンジメートエブリがおすすめです。

比較④:本体の重さならエブリよりレンジメートプロが軽い!

商品名レンジメートプロレンジメートエブリ
本体の重量約809g約1,073g

本体の重さを重視するならレンジメートエブリよりレンジメートプロの方が軽く使いやすいです。

レンジメートプロの重さは約809gになっています。

一方、レンジメートエブリは約1,073gなので、レンジメートプロとの差は約264gになりますね!

実際に手で持ってみると、そこまで重たいという感じはありませんでしたが、力の弱い方もいると思います。

なので、少しでも重さが軽い方が使いやすいという場合は、レンジメートプロの方を選ぶ方が良いでしょう。

比較⑤:レシピ数ならエブリよりレンジメートプロが多い!

商品名レンジメートプロレンジメートエブリ
レシピ本ありあり
掲載レシピ数44品掲載70品掲載
その他のレシピ公式SNSで多数なし

レシピ数で選ぶなら、レンジメートエブリよりもレンジメートプロがおすすめです!

レンジメートエブリはレシピ本が付属していて、レシピ数も70品掲載と豊富に用意されています。

それに対して、レンジメートプロもレシピ本が付属していますが、レシピ数は44品掲載とエブリより少ないです。

ただ、公式のインスタやLINEなどのSNSにて、新しい旬のレシピがどんどん追加されています。

過去に公開されているレシピも見れますし、種類も豊富にあるので好きな料理の献立を選びやすいという部分は大きな魅力ですね。

70品でも十分多いのですが、長く愛用することを考えると新しいメニューが増える方が嬉しいですよね。

毎日の献立を色々と楽しみたいという場合は、レンジメートプロを選びましょう!

¥9,900 (2024/04/23 09:40時点 | 楽天市場調べ)

比較⑥:選べる色の種類ならエブリよりレンジメートプロが多い!

スクロールできます
商品名レンジメートプロレンジメートエブリ
色の種類レッド
ブラック
イエロー(限定)
オレンジ(限定)
レッド
クリーム

選べる色の種類ならレンジメートエブリよりレンジメートプロの方が多いです。

レンジメートプロはレッド・ブラック・イエロー・オレンジの4種類の中から好きな色を選ぶことができます。

一方、レンジメートエブリはレッドとクリームの2種類になっているので、レンジメートプロの方が2色多いんですね。

レッドは共通していますが、クリームが欲しいならレンジメートエブリにしかありません。

また、ブラック・イエロー・オレンジはレンジメートプロのみになりますので、キッチンの雰囲気や好みの色で選んでみて下さいね。

公式サイト限定色もありますので、気になる場合は下記から詳細を確認しましょう!

¥9,900 (2024/04/23 09:40時点 | 楽天市場調べ)

比較⑦:蓋の形状ならレンジメートプロよりエブリが便利!

商品名レンジメートプロレンジメートエブリ
蓋の形状自立しない自立する

蓋の形状で選ぶならレンジメートプロよりレンジメートエブリがおすすめです。

レンジメートプロの蓋は自立しない作りですが、エブリの蓋はジャパネットモデルで自立する形に変わっています。

準備する際や、調理後に食卓へ運んだ際にも、蓋をそのまま立てて置けるので便利ですね!

ただ、調理するときしか蓋は使わないのであれば、レンジメートプロでも問題はないでしょう。

なので、自立する蓋が良いという場合はレンジメートエブリを選んでくださいね。

比較⑧:食洗機の使用はレンジメートプロとエブリで差なし!

商品名レンジメートプロレンジメートエブリ
食洗機不可不可
食器乾燥機不可不可

食洗機はレンジメートプロとレンジメートエブリのどちらも使えないので差がありません。

元々、レンジメートプロがベースで作られていることもあって、仕様は変わっていないですね!

もし食洗機をどうしても使いたいという場合には、対応している電子レンジ調理器を選ぶことをおすすめします。

ただ、食洗機は使えないとはいえ、丸洗いして簡単にお手入れは可能ですよ。

つけ置き出来ないなどの注意点はありますが、それ以外は特に問題はないでしょう。

比較⑨:調理方法はレンジメートプロとエブリで差なし!!

商品名レンジメートプロレンジメートエブリ
電子レンジ可能可能
直火不可不可
IH調理器不可不可
オーブン不可不可

調理方法はレンジメートプロとレンジメートエブリで差がありません。

どちらも電子レンジ専用の調理器になっているので、直火など他の調理方法では使えなくなっています。

とはいえ、フライパンで焼いたような調理が電子レンジで出来るので、手軽に美味しい料理が作れますよ!

どうしても直火などでも使いたいという方は、陶器製の電子レンジ調理器を選ぶと良いでしょう。

おそらく、レンジメートプロやレンジメートエブリで迷っているのなら、電子レンジでの使用を考えていると思います。

その場合は、どっちを選んでも毎日の料理の便利な時短アイテムになるはずです。

比較⑩:材質はレンジメートプロとエブリで差なし!

スクロールできます
商品名レンジメートプロレンジメートエブリ
材質アルミメッキ鋼板
SPS
セラミック
アルミナ繊維
シリコン
アルミメッキ鋼板
SPS
セラミック
アルミナ繊維
シリコン
コーティングフッ素セラミック

材質はレンジメートプロとレンジメートエブリで差がありません。

前述した通り、レンジメートエブリはレンジメートプロのジャパネットモデルとして作られている商品なので、同じ素材が使われています。

レンジメートプロが電子レンジで本格調理できるのは、特許を取得している過熱技術が使われているからです。

どちらの商品も同じ作りになっていることから違いはありません。

ただ、コーティングはレンジメートプロがフッ素コーティングで、エブリがセラミックコーティングで違いがあります。

とはいえ、フッ素もセラミックもどちらもこげつきにくく、調理後でも手軽に洗えるでしょう。

レンジメートプロとレンジメートエブリのどちらを選んでも、焼き目をつけたふっくら美味しい調理ができるはずですよ。

レンジメートプロがおすすめの方はこんな人!

レンジメートプロがおすすめの人
  • 少しでも価格が安い方が良い人
  • サイズはコンパクトな方が使いやすい人
  • 本体の重さは軽い方が使いやすい人
  • レシピは豊富な方が献立を決めやすい人
  • 本体の色はイエローやオレンジが良い人

このような場合はレンジメートプロがおすすめです。

レンジメートエブリよりもサイズはコンパクトになっているので、1~2人用として使いたい人には便利なサイズ感でしょう。

また、レンジメートプロの公式SNSではたくさんのレシピがどんどん追加されているので、毎日の料理の献立も決めやすいはずです。

レシピ数は少ないと困りますが、多い分にはどのレシピにするか悩む以外に困ることはありませんからね。

長く使うことを考えているなら、レンジメートプロをおすすめします!

¥9,900 (2024/04/23 09:40時点 | 楽天市場調べ)

レンジメートエブリがおすすめの方はこんな人!

レンジメートエブリがおすすめの人
  • ジャパネットでセット購入を考えている人
  • 家族で使うからサイズは大きい方が良い人
  • レシピ数は70品あれば十分な人
  • 本体の色はレッドかクリーム色が欲しい人
  • 蓋は自立した方が使いやすい人

このような場合はレンジメートエブリがおすすめです。

レンジメートエブリはジャパネットモデルの商品なので、他の家電とセット購入すると安く買えます。

また、レンジメートプロよりサイズが大きく作られているので、より多くの量を調理しやすいというメリットもありますね。

蓋が自立するタイプに作り替えられていますので、調理後もそのまま食卓へ運んでも蓋が邪魔になりにくいでしょう。

もし検討されている場合は、下記よりジャパネット公式を調べてみて下さいね。

レンジメートプロとレンジメートエブリの違いについてまとめ!

この記事のまとめ
  • 価格が安いのはレンジメートプロ
  • サイズが大きく蓋が自立するのはエブリ
  • レシピ数が豊富なのはレンジメートプロ
  • 選べる色が多いのはレンジメートプロ
  • 特許取得の過熱技術はどちらも同じ

この記事では以上のような内容をお伝えしました。

レンジメートエブリはレンジメートプロのジャパネットモデルで、メーカーが同じことから差がない部分も多かったです。

なので、どちらも電子レンジで直火で焼いたような美味しい調理が出来ますよ!

それぞれ項目毎の違いを参考にして、あなたの目的に合った電子レンジ調理器を選んでみて下さいね。

レンジメートプロやレンジメートエブリの口コミや評判については、別の記事で詳しく紹介しています。

まだ悩んでいる場合はそちらも確認してみて下さい!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次